歯医者に通うことに苦手意識はありませんか

歯の治療そのものよりも、治療前の麻酔が特に痛いと感じる人も多いと思います。 チクッと刺されるするどい痛みの後に、針が奥に入っていく鈍い痛み、その後薬が広がっていく不快感。 しかし、こうした麻酔での痛みを軽減する新しい治療法が主流になりつつあります。 無痛治療の中で麻酔治療について詳しく紹介していきます。

安全性が高く痛くないレーザー治療

歯科用レーザーは、医療用レーザーを改良したもので、虫歯や歯周病を引き起こす細菌のみに反応する特長があります。歯茎にダメージが及ぶことはなく、悪い部分だけを除去することができます。痛みが少なく、安全性が高いうえに、副作用もほとんどありません。

麻酔を使わない治療法、ドックスベストセメント法

従来のように、虫歯を削ることなく虫歯の穴をミネラル分で洗浄消毒をする新しい治療法「ドックスベストセメント法」は痛みがなく虫歯治療を行え、炎症を抑えることが可能です。そのため麻酔の必要がなく、10分程度、1~数回の通院で治療が完了する患者さんに優しい治療法です。

おすすめリンク

青森の女医さんがいる歯科

青森の女医さんがいる歯科の特集です!女性や小さなお子さんも安心して通えるのでおすすめです!

歯医者での治療が痛い理由の一つは麻酔をすること

歯医者での治療は非常に痛いというイメージを持っている方はとても多いのではないでしょうか?
歯が痛くて治療の必要があるのにもかかわらず歯医者に行かない理由は、「不安があって怖い」とか「痛いから」といった理由なのではないかと思います。
歯医者に行くことに不安を感じることの理由として、歯を丁寧に磨いていないことで口の中見せることに抵抗があるということもあるでしょう。
そうした生活習慣について何か言われるのではないかと考えて歯医者に行くのが億劫になってしまいがちです。
我慢に我慢を重ねて痛みを放置していることについて叱られるのではないかと、漠然とした恐怖を持っている方もいらっしゃるでしょう。
歯医者に通われる方はいろんな方がいらっしゃいます。
自分だけが特別と思わず、遠慮せずに不安を相談しながら治療できることが理想ですよね。

いざ、歯医者に通うと決めても、確かにあのキーンという音やガリガリという振動を想像しただけで、腰がひけるのもわかります。
しかし、「怖いから」といって虫歯をそのままにしている状況は望ましくありません。今では無痛治療といわれる痛くない歯科治療が主流となりつつあります。
麻酔時の工夫や虫歯を削らないなどにより、痛みを軽減した治療が可能となっているのです。

このサイトでは、痛くない歯科治療について詳しくまとめています。
痛くない歯科治療のことを知ったうえで、歯科医師に痛くない治療を希望したいと伝えていければ、苦手意識が少しでも克服できるのではないでしょうか?