歯医者に通うことに苦手意識はありませんか

歯医者で感じる麻酔注射の痛み

痛みは誰にとっても嫌なものです。
しかし今では、歯医者での治療は麻酔によってかなり痛みを抑えられるようになっています。
ですが、その麻酔が痛いということで歯医者に通院することが嫌いになっているのではないでしょうか?
そこで、麻酔自体の痛みを軽減する方法にについてご紹介します。
「表面麻酔」
表面麻酔とは、液体や軟膏、ゼリーなどの薬液を歯肉に事前に塗布することで、麻酔注射した箇所が麻痺します。ここに麻酔針を刺すことで、痛みを抑えることできるようになります。
「極細の針」
注射針は、針の太さが太ければ太いほど刺すときの痛みは大きくなります。しかし、歯科麻酔では極細の針を使用するため、針を刺されてもほとんど痛みを感じることがありません。極細の針を使用すると通常の麻酔針に比べてコストが2倍近くします。しかし、できるだけ細い針を使うことで歯茎に針を刺すときの痛みを抑えることが可能になるのです。

麻酔注射時の工夫

麻酔薬を注入する際にも、痛みが生じます。注射時にさまざまな工夫をすることでも痛みを軽減できます。
「注入の温度」
麻酔薬が冷たいと麻酔薬が体内に入っていくことがわかり不快感があります。そこで麻酔薬を体温に近い温度(36℃)に温めることで、不快感を覚えにくくなります。
「注入のスピード」
麻酔注射の注入スピードによっても痛みが生じます。痛みを抑えるためにコンピューターによって注入スピードを制御し、圧力を2段階に分けて麻酔液を注入します。注射する組織の硬さによって自動的に注入圧力が変化するという方法で痛みを抑えることが可能となります。
「2回に分ける」
歯茎の中には、痛みに敏感な場所と、そうでもない場所があります。
どうしても痛みの敏感な場所に麻酔をしなければならない場合、麻酔を2回に分けて実施することで痛みが軽減するようにしています。


この記事をシェアする
ツイート
いいね
B!はてブ