安全性が高く痛くないレーザー治療

痛みが少ないレーザーでの虫歯治療

虫歯の治療を行う際には一般的にタービンという機械使用して歯を削ります。このタービンで歯を削ることによって、削らなくてもいい部分までも削ってしまうことがあります。しかし、レーザー治療は、虫歯の黒い部分や金属部分にだけ反応するため、健康な歯を避けて削ることが可能です。またレーザー治療は一瞬患部にあたるだけなので痛みが少ないのが大きな特徴です。
また、レーザー治療では、歯の最表層にあるエナメル質やその内層の象牙質歯質を溶かす作用のある酸に対しての耐性を高め、いわゆる脱灰を起こしにくい強い歯質に変化させることができます。歯科用のレーザーはその有効性と安全性が証明され、歯の「強化」、「虫歯予防」が可能です。さらに、歯周ポケット内をレーザー治療で殺菌することで、初期段階から末期までの歯周病の治療が可能となっています。

プラズマレーザー治療とは

「プラズマレーザー」という言葉を聞くと、熱くて怖いと心配される方もいらっしゃるかもしれません。歯科治療用に開発されたレーザーは身体への影響は問題ありません。レーザーには様々な効用がありますが、虫歯や歯周病の治療に使用されるのはNd-Yagレーザーというものになります。プラズマレーザー治療機器 は、酸化チタン溶液という人体にとって安全な液体を併用することで、プラズマのエネルギーが高温になるため、虫歯や歯周病の病巣だけを狙って治療することが可能となります。
また熱エネルギーによる麻酔効果で、歯の神経を一時的に麻痺させます。そのため注射器による麻酔を使わずに治療が可能で、痛みを軽減し、患者さんに対して優しい治療法になります。


この記事をシェアする
ツイート
いいね
B!はてブ