麻酔を使わない治療法、ドックスベストセメント法

ドックスベストセメント治療とは

ドックスベストセメント法とは、アメリカで開発された治療法で、鉄イオンや銅イオンといったミネラルを含んだセメントを患部に流し込み洗浄・殺菌をすることにより、虫歯を削ることなく無菌化する治療方法です。この治療法では必要以上に歯を削らないため、神経まで削ることが少なく染みにくくなっており、従来の治療法よりも自分の健康な歯を多く残すことが可能となっています。
この方法の場合、痛みが少なく、麻酔を使わずに治療することも可能で、患者さんの負担が軽減されます。
また、洗浄してからドックスベストセメントと殺菌用の溶剤を流し込むだけで終了するので、1~数回の通院だけで何度も歯医者に通う必要がなく、痛みを感じる回数も少なくてすみます。

ドックスベストセメント治療のデメリット

ドックスベストセメント治療は、非常に効果が高く、痛みの少ない治療法ではありますが、一方でデメリットもあります。
まず、歯の状態が悪く痛みがひどい場合や、虫歯が神経にまで達している場合には治療をすることができません。
次に、ドックスベストセメント法で治療した歯以外の虫歯リスクは軽減できません。
また、虫歯が小さい場合にはドックスベストセメント法は有効ではありません。
さらに、費用面からは、保険が適用されない自由診療であるため治療費が高額であることが挙げられます。
こうしたデメリットを踏まえたうえでも、ドックスベストセメント法は痛みも少なく、治療した歯については虫歯の再発リスクも小さいことから有効な選択肢であるといえます。


この記事をシェアする
ツイート
いいね
B!はてブ